383北郷森林セラピートレイル

GPXファイルは受け渡すソフトによって数値が異なります。SRTM標高、GPS標高の概念もあり、単純な独立峰であれば、その差はないのでしょうが、左右が大きく切れた谷が続く尾根上ではその差は明らかに違ってきます。私のデータで3通り計算させたものを開示します。

A:23.4km +1388m B:24.19km +1461m C:24.21km +1419mとなります。まだどれを選択して良いか思案中ですが、登る標高差、かける距離に変更はありませんので、IT武装をするよりも体力武装した方がはるかにクレバーだと思います。

3回目となる今年の北郷森林セラピートレイルは郷谷山を通過する難コースとしてリニューアルされました。その分難易度が増して自分の結果としては昨年よりも1時間多くレースを楽しめました。

アップダウンが連続するおこじんさま神社上部分岐から岩壺山までの稜線では「体力を使い果たすことがないよう自重し、かつ4時間30分の制限時間内に本太郎駐車場に滑り込もう」と願っていました。結果は本太郎の関門時間に15分前に滑り込めました。正直2週間前の試走では無理かなと半ば諦めていましたので本太郎関門をクリアできたのは嬉しかった。しかし最初の計画通りでは本太郎の第一関門時間が4時間と明記されており、ルール変更がなかったら終わっていましたけど。来年は本太郎4時間切りをマジで目指しましょう。

その後猪八重渓谷の緑と水に癒されながら、ボチボチと進み足湯ポイントでは身内の応援を受け無事に6時間9分台でゴールできました。(制限時間は7時間)順位は89位/114人でした。僕の世界では、早い遅いの概念はなくて「自分が満足できるかどうか」が一番大切です。なので今回は全てにおいて大満足の大会になりました。ごんはる並びにUFの皆様大会運営をして頂きありがとうございました。

IMG_1798

↓ 再会できましたね。IMG_1799↓ 少し幻想的でした。DSC03336 ↓ 今年は昨年の倍ぐらい人がいたような気がスル。リーフレットは見ていないので確認していませんが。第3回目ですが、今後とも発展していく大会となるでしょう。DSC03338 ↓ うん。やはり多いな。これで僕の着順は三桁は確実かな?
DSC03339 ↓ 愉快な仲間。彼らはネジが一本外れているので、ナーバスになるどころか、スタート前をワクワクして自分を抑えられない。DSC03340 DSC03341 DSC03348 DSC03349 ↓ 前日までの雨で滑りやすいルートとなっていました。2週間前に試走した時は快適な道でしたけどね。
DSC03351

IMG_1800 IMG_1801

↓ 前大会3位の彼は風邪を押して出場して、前半は抑えて進みました。後半?先に行ったので知りませんなぁ。DSC03352

↓ 7.8kmの郷谷山にて。このスタッフの方々ここ迄の道のりは大変だったと思います。DSC03354

↓ 郷谷山でスーさんに追いつかれるが、この直後彼の足が攣って大変なことに・・・。
胸には「負けるな東北」の文字がある会津出身のこの人は、そんなアクシデントにも負けずに、制限時間内にゴールしました。DSC03355

DSC03356

↓ 折返地点のの岩壺山。11.2km来ました。DSC03357

DSC03358

DSC03359 DSC03361 IMG_1802DSC03364 DSC03365 ↓ 今日は甘党になってみました。DSC03366

DSCF0622 DSC03369 DSC03370 DSCF0623 DSCF0624

DSCF0625 DSCF0629DSCF0630
彼とは2年越しのバトルを繰り広げてきた…彼は後500mで座り込んでいたので今年は小差で抑えられた。DSC03371  ↓最後のこの登りが辛いのです。20.5km地点。DSC03372 DSC03375 ↓ これで大きな登りは終わりで嬉しくなる。21.3km地点。DSC03376 DSC03377 ↓ 先ほどまでいた尾根を見る。もう嫌? いやまた来月に鵜戸山地縦走で使うでしょうね。DSC03378

若者は先に行ったり、後ろにいったり、服を脱いだりで忙しい。抜くときに「おじちゃんみたいに一定のテンポで走りなさい。」とアドバイスしたら、受けた。DSC03379

DSC03380 DSC03381

DSCF0631 DSCF0633 DSCF0635 IMG_1805

DSC03385

↓ レースが終わるとほっとしますね。DSCF0638 ↓ 打ち上げは日南市飫肥の「器食堂」で。オーナーシェフの料理も店長のトークも抜群です。DSCF0641 DSCF0642 IMG_1808

9 thoughts on “383北郷森林セラピートレイル

  1. お疲れ様でした!距離、高低差が半端ないですね(+o+)これを走るなんて、すごっ(^.^)

    • Joe君ありがとうございます。トレランで登りでも走っている方は「選手」と呼ばれるごく一部の方々です。私も含めた一般ピープルは登りでは喘ぎながら歩き、下りではこけながら回転し、平坦でようやくJOG程度のユルいランスピードとなるのです。何ら一般登山と変わりません。
      一番違うのは沿道から「がんばれ〜」と声援を受けることと順位が付くことだけかな?

  2. 京都のAtagoです。数ヶ月ぶりに皆様に再会でき、家内共々喜んでいます。また今回は私共の走っている時の写真まで掲載して頂き感激しています。途中で奥様方にご声援頂けただけでも元気がでましたのに、写真まで撮って頂いて本当に感謝致します。
    今年は変更になった岩壺までの尾根のアップダウンが予想以上にきつく、また練習不足もあり岩壺山頂に着いた頃は足が動かなくなっていました。下りでもたもたしていたら焼酎さんに声をかけられ、しばらく抜きつ抜かれつしたのも良い思い出です。
    5月の鏡洲には参加する予定ですので、またお会いできればと思います。

    • Atagoさん、こんにちは。いつもご夫婦の笑顔に癒されています。奥様が言われたように天気に恵まれて綺麗な青空がトレイルランの醍醐味を増してくれましたね。苦しくても常に私より先にゴールするお二人には嫉妬を感じています(笑)。また楽しくやりましょうね。
      焼酎君がつきまとったそうで、うっとうしいハエみたいな男ですみませんでした(笑)。彼にはペットボトルの焼酎を渡してやれば、レースを忘れて飲み始めるので、効果的です。お試しあれ。
      5月にエントリーできるかどうかわかりませんが、必ず顔は出します。ではまた2ヶ月後にお会いしましょう。

      • いえいえ大して実力は変わりません。ただ最近は家内の方が常にかなり前にいるので、スタートしてからはゴールまで後塵を拝しています。
        鏡洲でまた会えれば嬉しいですが、連戦のようですので無理をなさらないで下さい。

  3. 何よりも全員無事に完走できて本当に良かったですね。ゼッケン付けてるだけだったのに声援も嬉しかったです!

    • 「ただの酔っ払い」がゼッケンを付けただけでかっこいい男になる。
      これからは晩酌もゼッケンを付けて飲みなさいね。

  4. 皆さんお疲れ様でした! 青空に笑顔が映えてますね♪ 
    私たちはもっと南でうろうろ藪漕ぎしてましたが、あんまり天気がいいものだからへび君が顔を出さないかと内心ひやひやでしたっっ。

    • ルート開拓ありがとうございます。m(_ _)m
      膝が完治した暁には鵜戸山地大縦走をチャチャッと済ませましょうね。
      そうですか、やはりまた藪漕ぎでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください