178 龍房山(西都市・銀鏡地区)

5人行。念願の龍房山でした。思い残すことはありません。思い起こせば今年の3月20日、登山口が判らず車で素通りしてしまって、そのままWBCの日韓戦をカーテレビで見ながら(本当は走行中の視聴は違法なのですが、たまたまSaddyさんの車は映っていましたね)家路に着きました。恐らく龍房山の神様が『今日は山に来なくていいから、TVで日本を応援しなさい』とのご配慮を頂けたのでしょう。お陰でその試合は勝つシーンを見ることができました。

この西都近辺の山では地蔵岳と烏帽子岳に登っていますが、やはり同じく簡単な山ではありませんでした。厳しい尾根沿いには必ずコウヤマキが自生していて、ミツバツツジの木が多そうでした。頂上は全く展望がなくレディース隊員はちょっとがっかりしたみたいでした。可哀想だけど今日の山行はただ疲れにいっただけのようになりましたね。それだけ龍房山は地味な山だと言うことになります。危険が多い割には展望が悪いという単に感覚の計りにかけてのことですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.