385 鵜戸山地縦走(加江田から北郷)

計画イメージ-03

今年の2月から構想を温めてきた宮崎市加江田から日南市東弁分までの山行15時間 距離28km、累積標高差1600M(※PCソフトでの予測値)の鵜戸山地縦走計画を実行に移す時がとうとうきました。
私が3月〜4月とレースにうつつを抜かしている間に、同行のJoe君が複数回宮鶴のおこじん様神社上部の分岐点から東弁分までの踏み跡の薄い難しいルートをトライアンドエラーしながら、苦しい藪漕ぎにもめげずに、探索してルートを確定させていてくれました。そんな努力を無にしてはいけない、鉄は熱い内に打てとばかりにトライしてきました。貴重な戦力の(どんな?)Pyonsさんは人生初(本当かよ?)の風邪でお見送りアンドお迎え組となりました。次回は鬼の霍乱のフリはやめて参加してくださいね。


計画イメージ-01


↓ 今回のルート図です
計画イメージ-02

宮崎市加江田から日南市北郷町までの山行10時間 距離22km、累積標高差1223M〜1447M(※実測値ですが、GPXファイルを閲覧するソフトによって数値が変わります)。今回の山行の特徴は数多くのアップダウンが連なる岩壺山〜郷谷山をいかにスマートに抜けられるかですが、岩壺山で既に足の筋肉が張っていたのでとても辛いものとなりました。2月と3月に一度ずつこの間はトレラン試走とトレラン大会で辿っていたのですが、今度も苦しいものとなりました。大量の水は必携です。今回は1.7リットル使用しましたが、完全縦走となると3.0リットルは必要となるでしょう。特に夏場はマストとなるでしょう。


↓ 03:05 加江田の「元・杉雨荘」からスタート
All Photos - 1 / 4

↓ 03:30 斟八神社鳥居All Photos - 2 / 4

↓ 04:24 斟八神社All Photos - 3 / 4 ↓ 神社の拝殿横の外壁と土台のコンクリートが剥がされているように見える。
外壁が落下したのなら、そこに残るはず。何もなかった。
コンクリートは外部から強い力で削られたように見える。
真相はどうなのだろうか、非常に気になるところだ。All Photos - 4 / 4

↓ ミツバツツジ系のオンツツジと宮崎市の夜景斟八神社夜景

↓ 4:40 斟鉢山加江田北郷 - 1 / 26 ↓ 斟鉢山からの夜景加江田北郷 - 2 / 26↓ 5:19 赤松展望所加江田北郷 - 4 / 26 加江田北郷 - 5 / 26 ↓ 6:17 花切山加江田北郷 - 6 / 26

↓ 6:17 花切山IMG_2183

加江田北郷 - 7 / 26 加江田北郷 - 8 / 26

↓ 今や銀竜草が花盛りIMG_2186

↓ 岩壺山直下のヌタ場加江田北郷 - 9 / 26 ↓ 7:56 岩壺山加江田北郷 - 10 / 26
↓ 7:58 岩壺山を離れる加江田北郷 - 11 / 26 加江田北郷 - 12 / 26

↓ こまめにエネジー補給
IMG_2192

↓ 山頂以外視界はきかないIMG_2188↓ 9:45 郷谷山(ごうややま)着DSC03706

IMG_2194

↓ この写真が一番このルートの雰囲気を出しています。加江田北郷 - 13 / 26 加江田北郷 - 14 / 26 加江田北郷 - 15 / 26 加江田北郷 - 16 / 26 加江田北郷 - 17 / 26 今回は19km付近で計画の続行を諦め、北郷町へ降りました。理由は私の右足の第2中足骨関節部の痛みが再び出たので無理をしないようにしたためです。少し安静にしてまた再挑戦です。
加江田北郷 - 18 / 26 加江田北郷 - 19 / 26 加江田北郷 - 20 / 26
↓ 12:47 未来の高速道路の上を通ります加江田北郷 - 21 / 26 加江田北郷 - 22 / 26

加江田北郷 - 23 / 26

↓ 低山だからこそ奥が深い鵜戸山地
加江田北郷 - 24 / 26 ↓ 13:02 北郷小中学校へ下山しました加江田北郷 - 25 / 26 16:00〜 慰労会は飫肥の「器食堂」さんで・・・加江田北郷 - 26 / 26


GPXファイルを閲覧するソフトによって数値が変わります。何が正しいか不安を持つ方もいらしゃるようですが、数値は数値として目安として受け取るほうが自然だと思いますし、そもそも実測しようがありませんのでお問い合わせはご遠慮下さいませ。
この山行の記録は山レコでダウンロードできます。画面中央右の「グラフを拡大」>「GPXファイルをダウンロード」で行えます。また「マップ機能」>「GPXファイルをダウンロード」でも行えます。

一番大切なのはGPS軌跡を辿ることで道迷いが解消されることです。これは必ず人の役にたつことですから、積極的に公開していこうと考えています。GPSログが欲しい方は「山レコ」の方にアップしますのでダウンロードして活用して下さい。

ひとつ分かったことがあります。最近ガーミンのGPSウォッチを購入しまして、登山の折りにログを取り、ガーミンのPCサイト(ガーミンコネクト)で「高度校正」をせずに累積標高をみると数値が異常な時があります。生ログを複数のソフトで表示させると、おおよそ正常な範囲に表示されるので、色んな意味で理解と注意が必要です。
要は数値でおかしいなと思ったら国土地理院の地図で等高線を一本一本拾い、アナログで上昇分だけ手計算で足していけばいいのです。私が累積標高に重きを置くのは自分の体力を知っているからで、「自分は一日最高に上れるのは1500mまでにしていた方が良い」と経験でわかっています。何も計算せずに行くと、他者に迷惑をかけるのは必定ですから、必ず「今日は何メートル登る」と決めてから登ります。体力に自信がある人は結構なことですが、私はあまりにも体力が無さすぎるので、失敗は許されないのです。

12 thoughts on “385 鵜戸山地縦走(加江田から北郷)

  1. 昨日はお疲れ様でしたー!
    かなりきつい山でした( ;´Д`)
    きょうは朝からびっこひいてる状態です(⌒-⌒; )

    やっと風邪を引く普通の人になれたpyonsを先頭にリベンジ‼️

    器食堂美味しかった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    再チャレンジの時も器食堂に間に合う時間にゴールしましょう^ ^

    • 次は2時スタートですね\(^O^)/
      もし次回の完全縦走の時にゴールが間にあわなければ、途中まで料理と酒を持ってきてもらいましょう。
      でも、難しい山に出会うと本当に、意気消沈しますが、次第に乗り越えたいという気持ちが頭をもたげてきます。

      風邪をひかない鉄の女として名高いPyonsさんのダミ声はまさしく「大阪のおばちゃん」状態でした。面白かった。

  2. お疲れ様です。魚肉ソーセージと最後の写真のレンジャーさんの顔色と表情が良かったです。また次回楽しみにしてます。

    • 魚肉ソーセージとチーズは塩気があるので結構効きますよ。
      そちらも阿蘇カルデラウルトラマラソンに向けて頑張っておられますね。
      応援に行きたくなりましたよ。ついでにDingoも走るのでね(笑)。

  3. お疲れ様でした!
    最近はランばかりで、山が恋しくなったというところでしょうか?

    しかし、壮大な計画で、すごいですね~。
    3月の北郷トレランでコースの一部を走りましたが、そのタフさにビックリしました!@_@

    次回のリベンジ、成功を祈ってます!

    • 次回の再挑戦時にはYappyさんの顔がある気がします(笑)。

      いやぁ、持って生まれたものが違うので楽勝ですよ。
      48と54の真ん中は51ですので、そう意味で楽しみにしていますよ。

  4. 赤江の姉ちゃん捕まえて、大阪のおばちゃんなんて敵わんなぁ・・って感じですか?(笑)
    紅い顔した少年?2人の満足気な表情がいいですね!
    次回は私もお供させてもらえるよう、ダミ声治しておきます( ̄^ ̄)ゞ

    • 鉄の女が風邪をお召しにならはるなんて、どうやら人類滅亡の日が近うおますな。
      僕たちがくたばる前に早めの計画をしましょか?

      冗談はさておき、レンジャーが近づくとPyonsさんは必ず体調を崩しますね(笑)。
      前回は雪の九重でしたぜ。

  5. 過酷な山行で若返りましたね。 足もはやく再生しちゃって下さい。お疲れ様でした!

    • それがね、太ももの前の部分に筋肉痛があるわけよ。
      どうもランと登山は使う筋肉が違うようやね。
      以前はこんなことはなかったからね、やっぱり山を疎かにしたらいかん気がする。
      ということで「なるだけ山へ行こう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.