387 韓国岳

三ヶ月ぶりの登山は友人の「体力に自信がないので一番簡単な韓国岳にしよう。だって僕は万年初心者だから(笑)」という提案でこうなりました。といってもこの万年初心者にも付いていけず、途中から電話で「どうした、もう降りた?」と心配される始末で、とっても清々しい超初心者の気持ちを腹一杯味わってきました。

387韓国岳-01 ↓ 万年初心者とうそぶく彼は僕の登山歴史1回目からのメンバー。節目節目に登場している。
そもそも「レンジャー中城」と名付けたのは彼です。
そろそろネーミング使用料を払わなければならいのかな?
DSC03916

↓ 最近何かと話題を提供している硫黄山ですが、微かに硫黄臭がしていましたよ。DSC03918

↓ この風景を見ると「フィールドに戻ってきた!」と思います。DSC03917

↓ 万年初心者と言っていますが、以前は「いまが旬」と名乗っていましたね。
得意技は「早期ダッシュ、中パッパ、頂上ヘロヘロ」です。IMG_3056

↓ 真面目なお話です。登山はこういった段を一歩一歩上がっていくのですが、その行為が体重計に祈るような、逃げるような気持ちで載る姿にオーバーラップします。この三ヶ月登山にもいけなかったけど、体重計にも乗れなかったなぁ・・・と一人感慨に耽るのでありました。IMG_3078

↓ 先々週、この大地を走り回った熱い友人たちの顔が浮かぶ。DSC03920 ↓ 見覚えのある風景が飛び込んでくる。脚が良くなってよかったよ。IMG_3091

↓ 途中「半ズボンはいけない」「サングラスはやめろ」と二人の方に注意されながら到着しました。
半ズボンはお子ちゃまだから、サングラスは警察に追われているのでと説明をしてご了解を頂きました。「これだから、山はやめられねぇ〜」IMG_3069

↓ 火口底は次回に持ち越しだね。(長ズボンでね)IMG_3092 ↓ アンパンをひとかじりIMG_3074

IMG_3093 ↓ 向こうからちょっと異種な人たちが近づいてくる・・・
そして「レンジャーさんでしょ?」と声を掛けてくるDSC03922

なんだ、双石山の仙人・ひろパパさん(右端)じゃないの。
霧島征服を狙っているのだろうか(笑)。
でもひろパパさんは雨のイメージなんで・・・晴れている時に会えたのは奇跡かも。
DSC03925↓ 宮崎市からスポーツクラブの小学生達です。統率がとれていましたね。IMG_3077 ↓ 復帰戦が終わりました。次の戦場はどこだ?
DSC03927 白鳥温泉下湯でクールダウンをしました。IMG_3081↓ 最期に何を食べたいかと聞かれたら、まよわずこれ!(白鳥温泉下湯の食堂で)IMG_3082 ↓ 登山復帰を祝って買いました。発泡酒なんざぁ買えるか!?って感じです。IMG_3086

2 thoughts on “387 韓国岳

  1. こんにちは(^o^)/
    まさか、韓国岳でお会いできるとは!
    しかも晴れの日に(笑)
    嬉しい限りでした(^o^)/

    ブログを初めて、いろんな方々と繋がって行きます!(yappyさんもその一人ですが…)
    山の力に感謝ですm(_ _)m
    またどこかで(夜の双石小屋?)でお会い出来るかもしれませんね(^o^)/
    これから、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

    • ひろパパさんと会うのは、双石山と決めていたので、今回の出会いは少し悲しかったです(笑)。
      冗談はさておき、「山の力に感謝」というお言葉は胸に迫ります。やはりひろパパさんは深い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.