10月 04

40kmを知る

しつこく天気予報は雨を告げる。匂いとかの感覚で今日は雨は降らないことは判る。だけれど平地と山地では降り方も違うので、まさかを考えると文句も言えず、いつものように何も考えず山を避けてWALKINGにでかけた。風邪の後遺症もあったのでとにかく行ける所まで行こうと朝8時18分に自宅を出た。

師匠のセブンイレブン東上那珂店まで7.5km、1時間10分だった。下調べでは西都原古墳群まで行って往復すれば丁度マラソンの距離と同じだと判っていたので、「マラソンの距離ってどれくらい?」を知るために東春田バイパスを北上して行った。

しかし途中、西都と佐土原の境界で巨田神社まで足を伸ばすことにした。おそらく「巨田神社」の看板をみて行こうと決心するのにすごく時間があるからだと思う。歩む速度でいろんなことを考えていけたら後悔しないのだろうね、きっと。

さても西都原古墳群はすばらしい地だった。古墳群の中を歩き倒したといったら過言になるが、3世紀から7世紀はじめまで、前方後円墳にはじまり、円墳を経て地下式横穴墓群に至る 大小合わせて300基以上のお墓の数々。私の大好きな九州山脈を借景に広がる高原状の大地。日当りの良さと水はけのよさを条件にした選良の土地なのだろう。この土地の有力者一族が立ち入り禁止にしてでも守り抜いていたのではないかと想像してみた。

途中携帯電話のバッテリーが切れたので、カミさんに連絡をとるために、西都市で「 I 家」に寄らせていただき、ご夫婦にコーヒーに団子に黒砂糖とごちそうになった。その後佐土原町に入った所で、両足の靴に小石が入ったようにチクチクしてしまって、何度も小石を出そうとしましたが、痛みが治まらずおかしいなと思ってよく見たら、指の付け根に水ぶくれができていました。

カミさんへの連絡もままならず、もどかしいまま東春田バイパスをおりてR219を歩くこと20分、カミさんが迎えに来てくれました。来てくれと連絡もせずに現れるとはカミさんもスゴイですね。私もまだ捨てたもんじゃないのかも。帰り着いたのは18時06分でした。マラソン大会だったら強制終了でした。

歩き終わって今4時間たちましたが、経験したことのない筋肉痛です。どんな山に行ってもこんな筋肉痛はありません。やはり40kmってすごいのかも。 Continue reading

9月 14

Walking 17km 池田台より

霧のような雨が降っていた。濡れても構わないと判断しました、そこで少しでも有意義な時間の過ごし方ということで、用事のあった妹夫婦の住むクリーン池田台から歩いて帰ることにした。auのWalk&Runで17キロの距離だ。時間は3時間10分。音楽を聴きながら、写真を撮りながら、お菓子をほおばりながらのプチ遠足でした。