6月 17

四半世紀使い続けているアプリ

Illustrator2015CCこの話は皆さんには『?』な内容ですが気にせず書きましょう。仕事で使うアプリのアドビ・イラストレーター(Adobe_Illustrator)が19.0にバージョンアップされたので更新をしました。50歳も半ばになるとアプリの進化に付いていくのが辛いのですが、常に最新バージョンを使っていたら、覚えることが少なくて済むという自分なりのセオリーです。

自分がIllustratorVersion1.8を使い出したのが、今から25年前ですから、四半世紀もお世話になっているのですね。飽きっぽい自分でもこんなに続くとは凄いことです。

私がAdobe_IllustratorをMacintoshで使い始めた時はMicrosoftのエクセルも使っていましたね。どういうわけかエクセルはMac版しかなかったのです。まぁその頃はWindowsは誕生していなくてMS-DOSの時代でしたから仕方がなかったのでしょう。

12月 19

庭の花々

201312月の庭の花々

前にも申しましたが、色、焦点、周辺光量補正などを弄(いじ)ったりしたら@Ranger Nakajoのクレジットを今年から入れることにしています。写真は色情報が一番大事です。鮮やかに見えるからといってフィルターをかけたり修正を施し、そのままアップするのは心が曲がっていると思います。

「こんな青空の色って自然界にあったけ?」とはっきり判る偽りの投稿写真が多くて、最近はFBを見るのがいやになってきました。SNSは見たくないものまで強制的に見せられますから疲れます。また朝陽や夕陽の色を強調するためにWB(ホワイトバランス)を変えたり、露光量を変えるのは技術としてはオーソドックスなんですが、あくまでも見た目に画を近づけるための補完的な手段であって、やり過ぎは偽証でダメです。

この画はキヤノンのAPS-CサイズのEOS60Dに、ネット価格で1万円程の単焦点純正レンズEF50mmF1.8IIの組合せです。いわゆる標準レンズのズームレンズよりもメカニズムが簡素なためにレンズもF1.8と明るいので、良い画が撮れます。エッジの色の滲みもなくコストパフォーマンスが優れていると思います。ただISがつかないので画像のブレには要注意です。

11月 28

おもしろい

Don’t fight. See why now’s the time to switch to the Windows Phone Nokia Lumia 920

互いを攻撃するスマートフォン愛好家達を冷ややかに見つめている二人が手にしているのはNokia Nokia Lumia 920でOSはWindows Phoneだ。

「この人たちが920のことを知ったら、けんかを止めるだろうか」と男性が尋ねる。そして、「それはどうかしら。この人たちはけんかをするのが好きみたいだから」と女性が答える。

永年Macしか認めてなかったけれど、このVideoの出来は良い。スマートに漁父の利を得ようとするMicrosoftも大人になったなと思った。iPhoneだGalaxyだ、iOSだAndroidだと相手を非難することで自分達の領域を守る集団心理をついているところが素晴しい。

ちなみに私はスマホを持っていない。

9月 11

AppleのNew iPhone発表のKeynoteを見て思ったこと

指紋iPhone5C iPhone5Sが発表されました。大きな変更点は①A7Chipが64-bit  Dual Core搭載で2倍早くなった。②CameraがHard & Soft的に向上した。③指紋認証システムでSecurityが向上した。④iOS7が今まで私達が有料で買わされていたApplicationがFree(無料)になった。無料と言えば前モデルのiPhone4_8MBもFreeとあったような気がする。

またこれらのニュースで一部のアナリストとかブロガーは「新機軸が無い。がっかりした。今買うべきではない。」としたり顔で言い始めるのだろう。iPhoneはPCなどと同じ情報を双方向させる端末Deviceなんだけどね。それに通話機能がついているだけに過ぎないのだが、どうして皆エリアを含めた通話と通信速度とか新機能にばかり目がいくのでしょうか? 「宇宙人と通話できるようになれば新機軸と呼ぶよ」という荒唐無稽な姿が目に浮かびます。iPhoneに何かやってもらおうという後ろ向きじゃだめだな。

私は通話はPHSで、MobileにはA5ChipでWi-FiのiPod Touchで充分なんだけど、肝心のGPSをiPod Touchは今回も搭載してこなかった。本当に嫌みなリンゴになりましたね。こうなったら我慢比べだ。iPod Touchは今回も見送ろう。 Continue reading

8月 25

試行錯誤のSunday’s Run

美味しいうどん屋さんが国富町の岩知野と宮崎市の瓜生野の間にある。昼食後うどん屋さんから自宅まで12kmを走った。しかし8kmで左足太ももの違和感で歩きに切り替えた。肉離れの恐れもあるかなと真剣に心配しつつ、いつまだたっても体重の落ちないトドチックな身体を連れて帰った。試しに自販機で色んなドリンクを買い飲みしながら、自分なりのスペシャルドリンクを探った。ミックスもあり得るなと。

カミさんにカメラを渡して撮ってもらった。彼女は見事にド素人を演じてみせた。非難じゃない。それだけ狙った画を撮ることは計算が必要だということだし、ランにおいてはボクは計算もできない見事なド素人なんだ。試行錯誤を繰り返さなければ何ごとも実を結ばないということだ。

DSC08685 Continue reading

8月 06

Windows7がやってきた

Windows7がやってきたIMG_6898写真は販売・搬入・メンテナンスをしてくれる友人の”システム未来の中武君”です。

「おニューのノートパソコンを1台持ってきてよ。」

「分った75,000円のでどう?」

「Win機は知らないけど、Macだったら有り得ない値段なので出来れば10万円以上で堅牢でテンキーが付いたタイプがいいけど。」

「分った。105,000円のでどう?」

「いいよ、Win機触りたくないのでSet upまで頼むね」

「了解!!」

彼と酒を飲むと楽しいことは言うまでもない。しかし彼と仲良くしなければならない理由は酒以外にも別にある。
実は私はMS-DOSの時代から大のMicrosoft嫌いでした。それで長年Win機を触ることを拒否してきたので、今回の新台入替も彼に全てを任せた。本当に自分でもワガママなヤツだと思うよ。Microsoft社がVanishingしてくれないかと秘かな願望を持っている。

マシンは妻が使う経理ソフトのためWindows7バージョンでなければならなかった。何かWindowsのOSはVista, 7, 8があるらしいが、8はバグが多くて使い物にならないと聞いた。不思議な世界だ。「ダメなものは世に出すな。」と言いたい。なんてこったい。

AppleとMicrosftは同じAmericanなのに、なぜこんなにも文化が違うのだろう。AppleのOSの日本語バージョンは見事に言葉がローカライズドされている。日本語に不自然さを感じることがないが、MicrosoftとGoogleは意味が判らん言葉が多い。Appleの方に一日の長があると自然に思う。

昔から仕事でAppleを使い続けてきたが、したり顔のお兄さん達から…

「Appleってアメリカなんでしょう? 日本語大丈夫っすか? それに良く飛ぶって評判だし〜!」

「バカ言うな、Windowsだってアメリカじゃないか。日本語? オレ英語バージョンでも動かせるけど。(それだけ操作が画一化されてが分りやすいという意味)飛ぶ?飛ばねーよ!羽生えてないもん。たまにシステムがフリーズするけど。」

「え、WindowsってNECで日本製でしょうが?」

「………もういい。」