5月 06

遊泳

法事で鹿児島へ向かう途中のえびの市飯野地区で見かけたので近くまで寄ってみた。何ごとも琴線に触れた瞬間に撮ることが大事かな。

鯉幟の方もお仕着せでなく子どもにこうあって欲しいという願いを受けて空を遊泳しているような気がした。

鯉のぼりDSC06965

4月 30

親近感

佐多岬のサルIMG_6254

佐多岬の観光道路の脇で朝陽を浴びて日光浴をしている彼。カメラを向けても「またかぁ〜」という様で動じることなくこの後、欠伸(あくび)さえしてみせた。落語の「欠伸指南」を思い起こさせてくれた名優だ。

1月 14

カープの想い出

IMG_3818カープの本拠地マツダスタジアムは広島駅の側にあったんですね。知りませんでした。

これでも実は広島への訪問は今回で5回目です。4回目と5回目の間隔は30年でした。私にとって広島は青春の1ページ。その頃のヒーローだった広島東洋カープの衣笠祥雄さんと宮崎商業高校出身だった水谷実雄さんの姿を目に焼き付けようと、幾度か広島市民球場へ通いました。しかしカープの凋落とともに広島への熱は冷めていきました。「もう広島はいいよ。心も体もチビッコ選手ばかり採りやがって。」と恨み節ばかりの日々だった。

しかし今回、三女から広島への旅行を私たち夫婦にプレゼントしたいというオファーから「いつか広島へ連れていくよ。」という妻への言葉が嘘にならずに済んだのは有り難かった。ボクの嘘を消してくれたんだから。

ちなみに今のカープの選手の名前を知っているのは前田健太さんだけなのは、申し訳ないと思う。

あの当時、最上のメンバーは以下の通り。

Continue reading

10月 09

粋な看板と無粋な親父たち

信号待ちをしている登山帰りのスケベオヤジ3人組の会話より

私:「すごいねぇ、感性が良いね。でも胸のところが見えそうになっているけど、よく思い切ったデザインをしたものだ。実にすばらしい!」

Saddy:「看板の向こうに廻れば、足の間が見えるんじゃないの?」

Sussie :「まさか?」

信号が青に変わり右折した瞬間
私:「キャー、足の間が見えているよ!」

「え、本当?」と振り向く二人。

9月 16

骨董入門?

それともファンタジスタか? 二つで¥500もした。思い切ったおかげで、酒がうまかったことだけは確かだ。
最近はお酒が飲めるまでに体調が回復したみたいで嬉しいですね。
実はNHKの出生前診断のドキュメンタリーを見ていて涙しながら飲んでいました。
命に対する愛情が深い人々を見て私は深く反省させられたのです。