9月 25

” I Was Made For Loving You” by KISS

KISSはアメリカン過ぎて好きになれなかった時代がありましたけど、この曲で見方が変わりましたね。
出だしのギターは派手だけど、落ち着いたボーカルが良いんですよね。

カラオケで謡う(どんな歌い方だよ?)時もあるけど、(今はさすがに無理だろうな。声が出ないかも。)
” I Was Made For Loving You Baby. You were Made For Loving Me, and I can’t get enough of you Baby. Can you get enough of me?”
で彼女を口説くのさ。あ〜あ最高だね、WIDE先輩?
皇居は何周したの? 警察の職務質問は何回ありましたか?

8月 20

Scarborough Fair ヨークシャー民謡

Are you going to Scarborough Fair あなたスカボローの市に行かれるの?
Parsley, Sage, Rosemary and Thyme パセリ、セージ、ローズマリーとタイム(呪文の一種)
Remember me to one who lives there 私のこと覚えているかそこに住んでいる
He once was a true love of mine 私がかつて愛したひとりの男に訊いて欲しい

Tell him to make me a cambric shirt カンブリックのシャツを作るように彼に言ってね
Parsley, Sage, Rosemary and Thyme パセリ、セージ、ローズマリーとタイム
Without no seems nor needle work 縫い目がなく、針も使わせないわよ(言わば不可能を要求している)
Then he’ll be a true love of mine そんなシャツを作れたら、彼は私の本物の恋人になれるのよ

Tell him to find me an acre of land 彼に1エーカーの土地を見つけるように伝えてね
Parsley, Sage, Rosemary and Thyme パセリ、セージ、ローズマリーとタイム
Between salt water and the sea-land 塩水と海砂の間にある土地よ(言わば不可能を要求している)
Then he’ll be a true love of mine その時、彼は私の本物の恋人になれるのよ

Tell her to reap it with a sickle of leather 彼女に革の鎌で刈るように伝えてね(言わば不可能を要求している)
Parsley, Sage, Rosemary and Thyme パセリ、セージ、ローズマリーとタイム
And gather it all in a bunch of heather それからヒースを束にまとめて(これも言わば不可能を要求しているんだろう)
Then he’ll be a true love of mine 彼は私のたった独りの愛する人になれるのよ

Are you going to Scarborough Fair あなたスカボローの市に行かれるの?
Parsley, Sage, Rosemary and Thyme パセリ、セージ、ローズマリーとタイム
Remember me to one who lives there 私のこと覚えているかそこに住んでいる
He once was a true love of mine 私が愛したたった独りの人に訊いて欲しい

私が本当に欲しいのだったら、針の耳にラクダを通すぐらいじゃなけダメよとおっしゃっているわけです。
歌詞には男版と女版があり、お互いに好き勝手に言いながらじゃれあっている。
以下Wikiより…http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2

8月 10

真夏のゆり

真夏のゆりDSC08323

足の状態が悪く、1週間ぶりに外を10kmほど歩いた。野性の百合が和ませてくれた。そしてこの曲を思い出した。
明日は何が何でも山にいくぞ!! 歩けなくなって迎えに来てもらったにもかかわらず(笑)。
この支離滅裂さが私らしい。いいんだ、夏だからさ、どんなにのたうちまわろうが誰も見ていないって。

Lily of the Valley by Queen. Written and sung by Freddie Mercury. Lyrics:

I am forever searching high and low
But why does everybody tell me no
Neptune of the seas an answer for me please
The lily of the valley doesn’t know

I lie and wait with open eyes
I carry on thru’ stormy skies
I follow ev’ry course my kingdom for a horse
But each time I grow old
Serpent of the Nile relieve me for a while
And cast me from your spell and let me go

Messenger from seven seas has flown
To tell the king of Rhye he’s lost his throne
Wars will never cease
Is there time enough for peace?
The lily of the valley doesn’t know

ちなみに長女の名前でもある。

12月 31

1984年のTOTOが好きなんだけど

1984年当時、TOTOは既に一流ミュージシャンだった。でもスローな曲テンポがボクは大変苦手だった。ニューアルバムIsolationはスピード感豊かで、新ボーカルの声質もエクセレントで、ようやくTOTOが好きになりかけていたんだけど、たしかこのニューボーカルさんはこのアルバムだけで去ってしまった。
こんなとんがったボーカルが好きなんだな。ずっとAppleのiTunes Storeで待っていたけど、リストに上がっていたのを確認したので購入する。

いや〜実に懐かしいなぁ。グダグダした青春時代が甦ってくる。

きっかけはこちらのYouTubeから、

12月 08

Telephone Line by Electric Light Orchestra

35年前からQueenの箸休めとして聞いていた曲です。冬になり星々がきれいになりだすと思い出します。


Hello how are you
Have you been alright, through all those lonely nights,
That’s what I’d say, I’d tell you everything,
If you’d pick up that telephone.

Hey how you feelin’
Are you still the same
Don’t you realize the things we did were all for real not a dream,
I just can’t believe
They’ve all faded out of view.

I look into the sky
(The love you need ain’t gonna see you through.)

And I wonder why

(The little things are finally coming true.)

CHORUS
Telephone line, give me some time, I’m living in twilight
Telephone line, give me some time, I’m living in twilight

O.K. so no–one’s answering,
Well can’t you just let it ring a little longer
I’ll just sit tight, through the shadows of the night
Let it ring for evermore.

CHORUS — repeat

9月 26

次はコレ

EaglesのDesparadoは無事カラオケデビューを果たしました。何が何か分からないまま、突然聞かされた鹿児島のニノマエ組さんも驚かれたでしょうが、
私の方もいきなりの視界不良で100M下に滑落したような体験でした。点数は自己診断で50点でしたね。

で気を取り直して、今度はこれを練習しよう。Sweet Child O’ Mine

Saddyさんの裕次郎は良かったですね、歌っている時にSaddyの顔を右手で隠すともっと良くて、突き出たお腹を左手で隠すともっともっと良くなりました。「赤いハンカチよ〜」が「赤いちゃんちゃんこよ〜」に聞こえたのは空耳だったのかな。
また皆を家まで送る時にミーコさんが一言『歌うまかったよ〜』とDeveloperとSaddyさんを手を振って送り出してくれたことに車中は大爆笑でした。