7月 28

Desparadoが歌えない

DesparadoはU.S.A.のEagles(Hotel Calforniaで有名)が1973年に発表していた曲で、数多いカバー曲がある。最近何か耳に残ってリフレインしているサビがあって気になるものだから、iTunes Storeでカラオケだけの曲も含めて3曲買い、PCに外部スピーカーにつないで練習を始めた。50過ぎのオヤジにしてはなかなか素敵なチャレンジだ。

しかし、もう1ヵ月が経ってしまった。まるでハムスターの運動の様にエンドレスの努力をしているような気になっている。誰か助けてほしい。ボクはオジサンにしては高温が出る方なので、キーの高低とかの問題ではない。問題なのはUSA式の発音と語句の言い回しなんだな。ついていけないと言うか、覚え切れないと言うべきなんだろうね……。口がマメらないし、次の単語が出てこないんだよ。似た感覚ではBon JoviのBed of Rosesがかなり難解だ。こちらは10年は練習しているぞ。もうAmerican Rockは無理だから止めようかな。

これがBritish Rockだと割とすんなり入り込むんだから不思議だね。14才からQUEENを毎日聞き始めて、20でRainbow, White Snakeかじって、30過ぎた頃からカラオケにも洋楽が入り出したので、試しにDeep PurpleのHighway Starをかけてみたら歌詞も見たことないのに歌えたことに驚いた。やっぱり音楽はイギリスだよ。オリンピックも始まるし……。

そこで2題YouTubeからリンクを貼ってみよう

デスパラード意訳

デスパラード、そろそろ気づいても良い頃だろ?
あんたは長いこと斜に構えて、
人を寄せつけない頑固者だったな。
自分なりの理由があるのは分るけど、
あんたが楽しいと思っていることが
あんた自信を傷つけることもあるんだぜ。
 
ダイヤのクイーンには手を出すなよ。
隙があればダイヤのクイーンにやられてしまうよ。
懸けるなら、ハートのクイーンが最高の手だって分っているくせにさ。
テーブルの上に並んでいるカードが最高の手だと
オイラには見えるんだけど……
なのにあんたは手に入らないものばかり望んでいるよ。
 
デスパラード、あんたはもう若くないんだよ。
身体の節々が痛くなって、お腹が空けば家に帰るんだね。
ほう「自由になりたい」って?
だからあんたは彷徨う独りぼっちの囚人だって言う奴がいるよ。
 
冬になると足が冷えるだろう?
雪も降らないし、太陽も輝かない。
昼と夜の区別もつかなくなっている。
このままじゃあんたの切り札を全てすってしまうことになるよ。
気持ちが萎えていくのは笑い事じゃないからね。
 
デスパラード、分っているだろ。
さぁ、跨がっているフェンスから降りて、門を開けるんだ。
その時雨が降っているかもしれないけど、虹は頭の上にあるさ。
誰かに愛してもらえるようにしなよ。
誰かに愛してもらえるようにしなよ。
手遅れにならない内に。