AppleのNew iPhone発表のKeynoteを見て思ったこと

指紋iPhone5C iPhone5Sが発表されました。大きな変更点は①A7Chipが64-bit  Dual Core搭載で2倍早くなった。②CameraがHard & Soft的に向上した。③指紋認証システムでSecurityが向上した。④iOS7が今まで私達が有料で買わされていたApplicationがFree(無料)になった。無料と言えば前モデルのiPhone4_8MBもFreeとあったような気がする。

またこれらのニュースで一部のアナリストとかブロガーは「新機軸が無い。がっかりした。今買うべきではない。」としたり顔で言い始めるのだろう。iPhoneはPCなどと同じ情報を双方向させる端末Deviceなんだけどね。それに通話機能がついているだけに過ぎないのだが、どうして皆エリアを含めた通話と通信速度とか新機能にばかり目がいくのでしょうか? 「宇宙人と通話できるようになれば新機軸と呼ぶよ」という荒唐無稽な姿が目に浮かびます。iPhoneに何かやってもらおうという後ろ向きじゃだめだな。

私は通話はPHSで、MobileにはA5ChipでWi-FiのiPod Touchで充分なんだけど、肝心のGPSをiPod Touchは今回も搭載してこなかった。本当に嫌みなリンゴになりましたね。こうなったら我慢比べだ。iPod Touchは今回も見送ろう。

CPU performance

①について
処理スピードは早いことは素晴しい。これこそ新機軸。遅い端末は犬にでも喰わせてしまえ。40倍と言うのは初代からの換算で、iPhone5からは2X 発音ではTwiceと聞こえたので2倍を意味している。

camera hard up②について
ハードはセンサーが大きくなって解像度が上がっている。”Bigger pixels = better picture”は名言だ。Best Pictureと言わない所がセンスがあるし、最近のiPhone5の写真画質の良さに驚くこともあるからだ。”またAnti-Vibrationがついた。これはかなり良い結果をもたらすだろう。ピンボケがかなり改善されるので生産率があがる。よく「試しにもう1枚撮っておくね」ということがなくなる。ソフトはホワイトバランスを変化させたりしてお好みの画を選ばせるようにしている。

③について
これはネットショッピングなどに威力を発揮する。複数人の登録が可能なので、ファミリー間でも使える。一番肝心なことはこの指紋データはクラウドに保存されるのではなくて、個別の携帯端末のChipの中だけに保存されるのでかなり有効だろう。

④について
Applicationが無料になったことが一番会場を沸かせていたことが目を引いた。Hi-Toneで大声をあげた人はそれらのApplicationを買ったことがない人達だというのが判る。もし私だった”Sit”, “Oh No”, “Really”とか短く低く反応しただろう。「タダほど怖いものはない」というProverbを知らないのか、これらの開発費は全てiPhone, iPad, MacintoshのDevicesに乗ってくることは間違いない。

以上Appleが配信している英語版のVideoを見ての雑感でした。途中何度も会場が笑い声で湧くのですが、全く意味が判りませんでした(笑)。それでもiPhoneがどう変わったか判るように教えてくれるAppleのプレゼンテーション能力はかなり高いですね。

0912追記)やはり今回の発表は世間受けしなくて、Appleの株価が下がりました。日本のバカは5Cを見て「Steveが存命だったらこの発売を認めなかっただろうという。」ありもしないことを述べていました。
だけど、新CEOのプレゼンテーションのやり方、特に声をからし気味に喋る所なんて「まさしく後年のSteveそっくり!」と思いました。それから上級の役職が皆ステージにあがって喋る姿は皆さんジーンズでしたね。新CEO以外はお腹が出ていて格好悪かったね。

1109追記)無料アプリが悪い方向に出ているようだ。Appleは開発はするが、良き方向へ改善することはしない風潮は実は3年前からあった。iWebを販売していながら開発を停めた悪しき実例がある。OSは素晴らしいが、アプリは三流だね。私の仕事はAdobeさえ生き残ってくれたら事足りる。こんなくだらない会社に劣化したと今流行りのiPhoneを触っている人は思うだろうが、もともとがくだらない会社だったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください