レインガードでじぇじぇじぇじぇ

何て訳の分からないタイトルなんでしょう。以前西都のミリタリー親父から山の感想を「じぇじぇじぇでした。」と言われた時、「???」だったのですが、今日、あまちゃんが最終回を迎えた日に何とか使えるようになりました。TVドラマはタマに見てみるものですね。

コース図をプリントしました。紙は”レインガード”といって、ゴルフをされる方はプレーが終わった後に破って捨てたくなる、あの雨対策が施された「憎き、スコアカードの紙」です。職業柄でしょうね、こんな悪巧みが働くのは。実は私の職業はプロゴルファーだったりして、下手で予選落ちばかりしているので土日がヒマでお山に行っている。

ご覧の様に大粒の水滴でも完全にガードできます。この紙をこのままポケットに入れてトレラン大会を明日走ります。いよいよです。もう泣き言は吐きません。いやしくも大会であり、闘いの場です。スタートラインに立てる幸せを噛みしめたい。そして無事ゴールラインに友と笑顔で辿り着けたら最高だ。というのはタテマエで……、

KenもWide先輩も私の遙か先を行くだろうが、彼らは友情の証として、ゴールを切らずフィニッシュ地点の100M先でお茶でも飲んで私を待とうとしているかもしれない。そして「みんなで手をつないでゴールしよう」と言うだろうけど、お断りだ(笑)。自分の性格上、そのつないだ手を最後の10Mで振り払い、いきなり私だけ抜け駆けしてゴールするかもしれない。オラどんな手を使ってでも二人の先を行ってやるだ。だから遠慮なんかしちゃだめだべ。

レインガードIMG_7169

突然ですが、やん様ありがとうございます。あなた様の”常人が到底真似できない血の滲む体験”が私達3人を突き動かしました。本当に感謝しております。冬期に低体温症でリタイアを経験され、その後の100KM、60KMトレラン、そして88KMマラソンとこの1年間で難関を突破されてこられた姿は誠に立派でした。「ブログ上の文字」だけから得られる情報でしたが、その心情を吐露する部分などでは大変大きな感動を頂きました。弱さを吐き出しながら強く逞しくなっていく過程を共有させてもらいながらWIDE先輩と二人して「見た? 読んだ? やん様はすごいね〜。あんな人は滅多にいないよ。あんたできる?」…「いや絶対できないね。したいけど無理だね。」と語り合うのが常でした。


できれば我々3人+1人(西都のミリタリー親父)のトレラン反省会に来賓として出席していただけたら、みんなで「じぇじぇじぇじぇ」です。「じぇ」の4連発です。5連発といきたいところです。日時等は全くの未定ですけど。ちなみに山は山、飲み方は飲み方と分けています。(同時にやる元気は皆ありません。)

反省と言いましても、お酒を頂きながら各々の言葉でお互いを褒めちぎりあう予定ですが、罵り合いの場と化すかもしれません。
あるいは綾ハーフ完走の秘訣を語りあうかもしれませんが、忘れっぽい人ばかりなので同じことを3回ぐらい語られても笑って許す覚悟はいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください