2 thoughts on “戦闘機

  1. 1978年4月….岐阜県各務原飛行場内の事務で電話をしていた。
    「今ファントムが飛ぶので2分間程このままお待ち下さい……。」
    F4の爆音はともかくうるさかった。
    それに混じって導入されたばかりのF15イーグル2機が
    飛行実験を粛々と行っていた…..。
    あれから35年イーグルは日本の空を確実に守ってきた。
    この先は時期戦闘機F35ステルスに引き継がれるのかも。
    今だ頼もしいイーグルに拍手!!  本当に美しい機体だよ…..。

    • 航空自衛隊出身のKenちゃんに言うのは憚れるけど…
      防衛の真の目標は国民の生活の質を守ることにある。

      「憲法9条で平和が護られてきた」と”憲法9条最強説”を信じているレベルの人には解んないだろう。

      どんなリベラリストでも自宅には鍵をかけ防犯しているよね…
      まさか家に施錠せずにデモに参加しているとデモ…
      まさか戸締りもせずに就寝している気楽な奴もいねぇ…

      最近「秘密保護法案」反対のデモ市民が増えたらしい。何でも大声で絶叫しながら国会周辺を練り歩いて市民に迷惑をかけているらしいじゃないか。与党の幹事長がうっかり「まるでテロだ」と口を滑らせたらしいけど、彼の気持が分るね。

      昔デモする輩はソ連と中華人民共和国からお金をもらって組織されたドアホウばかりだったけど、今はどうなんだろうか?

      そうそうF4とF15の話だったね(笑)。F4は基本性能が高いので永年日本の空を護ってきたね。かつての仮想敵国はソ連以外になかったので、軍事大国のソ連機が日本領空内に遊びにきて、しかたなくスクランブルをかけてやる気を示していたのだけどさ、撃ち落とすようなことは想定していなかったよな。アメリカとソ連の軍事力が均衡を保っていたからね。日本は助かっていた。国力を経済発展だけに注ぎ込めたのである時期Japan as No1となった。

      今は中華人民共和国が熱いのでF15でも最新鋭F35でも対処できないかもな。やはりアメリカと中華人民共和国との力関係だな。危険を煽られてF35を高値買させられるだけかもしれない。

      「アメちゃん分っているよね。F35選定に便宜を図ったのだから1機当たり5億円バックしろ。」
      「中ちゃん、無理言うなって。2億円が限界だ。勘弁してくれ。」
      と交渉しにバイデン君が今日行っているさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。