携帯キャリアはどこに行くのか

iPad mini2 auセルラーモデルを2年の縛りを経てauショップにて解約しました。不思議なことに量販店で契約しても、解約はauショップを通さなければならないそうです。
機器代込みで毎月4,300円支払ってきましたが、そのままにしておくと、更に2年縛りで月々支払いが1,000円もアップするそうです。ちなみにauから何のお知らせはありませんので自分で確かめるしかありません。機器代の支払は終わったにもかかわらずにデータ通信料だけで5,300円も支払う理由が見当たりませんよね。
時代的にiPad mini2はいわゆるシムフリーとは違うので、どのSIMを刺しても動くものではありません。調べると月間3GB:900円、5GB:1,580円という”MIneo “というauに合った格安SIMを提供している会社がありました。現在は我が家ではWi-Fiに繋いで、屋外ではiPhone母艦でテザリングしている状態ですが、使い方によってはmineo にしようかと考えています。
それにしても同じau回線を使って5,000円代と1,000円代とは余りの開きにキャリアの傍若無人ぶりに驚いています。ちなみにセルラーモデルをWi-Fiモデルとして再アクティベーションする時にはビックリするようなコツが要りました。それも解約時には教えて貰えませんでした。情けないと思いました。実際は田舎のauショップのスタッフは知らないのでしょうね。

時代は格安SIMへと流れていくことは間違いないです。三女もauを解約してネットでシムフリーでかつ格安SIMを求めて契約しました。半額以下だそうです。次女はそのSIMの通信エリアとスピードを勘案して、現在の携帯キャリアを解約しようとしています。
妻は今はガラケーですが、三女のお下がりスマホを格安SIMで使う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。