24 市房山 vol.1(西米良コース)

単独行。
前日の祖母山に続き市房山に挑みました。はっきり言って山の大きさに負けました。この山の最大の難所は6合目から続く登りにあります。西米良コースは2つの山を登る意識と覚悟を持つべきだと感じました。5合目までで十二分に苦しい山行です。さらにその上を目指すのですから、心してかかるべきでした。
8合目で涙が十分出ました。ずーっと引き返すべきか考えていました。前日の疲れで朝起ききれず、スタートが遅れたこともありましたが、日の沈む時間との勝負になりました。反省点はただひとつ体力の無さです。
このコースは中途半端な景色を求めての山行は不可です。非常に長い距離をひたすら登り、喘ぎ、涙するイメージでした。家に帰ってからもあまりの疲れに声が出ませんでした。
登りは5時間30分。下りは2時間31分でした。やはり肥満登山家は下りが得意みたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください