今はダメでもいつかは

本日16時30分、カミさんに促されて車に乗り込む。

行く先はかつて走り込んだ動物園裏にある南北に連なる松林の遊歩道。

が、やはり歩けない。

300m進んで折り返し、再び車に乗り込む。

不幸? いやそんな感情は全くない。マラソンを始める前にこの道に「登山完遂体力」を増すためだけに2005年から100回くらい走るために訪れた場所だ。自分の肉体の目覚めだけを目指して往復した道だ。ある意味自分を信じて運動を始めた道だよ。幸せのかけらしか残っていなかった。

その後、楽しい登山ライフを送れたことはこのブログがまだ存在していることで証明されているかな。

今日は600mだけでもいいじゃないか。この道に感謝を伝えることができて幸せだったと今日は思う。

 

思い返せば、登山からマラソンへとシフトしてからというものこのコースをゆっくりと歩いたことはなかった。タイムだけを意識するようになった2013年からでも更に200回くらいこの松林コースを走ったけれども、余裕は全くなくて、景色は流れるだけだった。自分を追い込んでみることがチャレンジだと思っていたんだな。

明日から生き方(見方)を変えてみよう。

12月の阿蘇ハーフと青島太平洋マラソンは出られないけど、チャレンジする気持ちは今後も捨てるつもりはない。来年はもっと素晴らしいテーピングが発売されるかもしれないじゃないか!

自分のマラソン最高記録の熊本城マラソンは膝が曲がらなくてテーピングして出場した。
自分のハーフマラソン最高記録の佐伯ハーフはぎっくり腰でテーピングで出場した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください