10 高千穂峰(夢ケ丘コース)

10月9日に登山を初めて2ヶ月半。いよいよ念願の夢ケ丘コースデビューです。これで高千穂峰は3ルート目になります。来年も登るぞという気概を持って登り納めです。 美しい名前の登山口の名(夢ケ丘)とは違って、登り始めは暗い樹林帯の中を進みます。一部目印が分りづらく立ち止まってコースを確認する場面もあります。しかし4合目以降にやっと明るくなり、コースも明瞭となってまいります。 本日は一部凍っていて滑る所があり、4本爪の軽アイゼンを装着しなければならない所があったり、近道しようとしたら、腰の所までズボッと雪の中にはまり込んでしまい、あわてて抜け出したりしました。雪の吹き溜まりだったようです。 途中岩手から来たという髭面のオニイさん(推定45歳)が生木の棒を杖に半袖で霧島東神社から登ってきた鬼のような姿を見たら、山に対する堅苦しいイメージが晴れました。「山は自由でいいんだぁ!」と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください