11 中岳・新燃岳

2006年登り始め。高千穂河原には行民宿舎・みやま荘方面からチェーンをつけて上がる。みやま荘の上で路肩に車を停めてチェーンをつけていると、後からタクシーの方に「大丈夫ですか?」と窓を開けながら声をかけられた。そっちこそ大丈夫なの?と思ったが、案の定タクシーはその地点からすぐ上でタイヤを滑らせて登りきれずにいた。タクシーはプロなので放っといて、右から追い越して先を進む。だって立ち止まったら上から下がってきてガシャンだったから。

少しずつ化け物S君について行くようなってきたかな。米粒のような背中が小豆の粒のようになってきたものね。それとも化け物S君は気を遣っているのかもね。

それにしても天気が良かった。4本爪の軽アイゼンは使わなくても平気でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください