12 栗野岳 vol.1


ガイド本によると霧島の中で一番古く活動した山が栗野岳だと云うので、小雨でしたが行ってきました。カミさんの親戚が湧水町・旧吉松町で整骨院を開いているので、そこにカミさんを残し単独で向かったのです。見えるはずの霧島連山は全く見えず、只々ピークハントだけになってしまったのは残念なことでした。ストックを忘れていたので下りで2度滑りました。

栗野岳のイメージは何か古さを感じさせるものがありました。天気が良い日を選んでもう一度登りたいですね。 親戚の家にカミさんを迎えにいくと写真のような仮装をした人達が突然やってきて、踊って帰っていかれました。何かの厄除の行事なのでしょうか。何か言っていましたが、当方が薩摩弁を解しないため、意味不明でした。 何か『モッカンジン』がどうたらこうたらという声がしていました。

『モッカンジン』は日本人とかアメリカ人とかいう概念を超えているいわゆる○○人の範疇にはなく、人を超えている存在のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください